住宅ローンは一生ものだからしっかり考えて

住宅選びは、多くの人にとって人生で1度きりの大きな買い物ですよね。ゆえに多くの人にとって初めての買い物になるわけです。

しかも多額であるので、考えもなく契約すれば将来の生活設計を抜本的に見直す羽目にもなりかねませんよ。

経験不足だからと言って、まさか営業マンの言いなりになっていませんか?

営業マンすべてが悪いとは言いませんが、彼らは住宅を販売することがお仕事です。一秒でも早く契約を取りたいと思っている人もいますから、100%買い手本位で動いてくれるとは限りません。

早く契約が取りたいがため審査が通りやすいところを紹介してくるかもしれません。審査が通りやすい=多少金利が高いと思っても良いでしょう。

探せばもっと条件の良い住宅ローンが見つかったかもしれないのに、高いローンを組む羽目になったら?

家は高価ですから、たったコンマ数パーセントの違いが数百万円の違いになっていることを知って下さい。下手な契約は、一生の重みになりかねませんから、最低限の知識を持って大切な家を購入したいものですよね。

これから住宅ローンを組もうと思っている人に知っておいてほしいことをまとめてみましたので、ご参考になさって下さい。


住宅金融支援機構を利用する場合の注意点とは?

建物と経済面で、求められているもの満足させる一定の要件が無ければ、住宅金融支援機構の住宅ローンを利用する事が出来ません。 建物については、勿論建築基準法にピッタリと当てはまっている事という他にも、住宅金融支援機構独自が定めている一定要件もありますので、そちらにもピッタリと当てはまっている事が必要となっています。 では実際、どの様な事柄が具体的にあるのでしょうか? こちらでは、住宅金融支援機構が扱っ...

住宅金融支援機構の機構団体信用生命保険とは?

機構団体信用生命保険に加入出来る制度が、住宅金融支援機構を利用する借入者にはあります。 この機構団体信用生命保険は、満80歳になる誕生月の末日迄に高度障害を負ってしまったり、死亡してしまった場合に備え、住宅金融支援機構で融資を受けた借入者のの残債を生命保険会社から支払われる保険金にて弁済する仕組みになっています。 その様にした場合には、一切住宅金融支援機構の住宅ローン残債は無くなる事になります。 ...

住宅金融支援機構の機構財形住宅融資とは?

住宅金融支援機構の『フラット35』を利用する借入者は、住宅金融支援機構で取り扱っている機構財形住宅融資と併用して利用する事が出来ます。 機構財形住宅融資を簡単に言うと、財形貯蓄をしている方が利用可能な住宅ローンです。 こちらは、5年毎に金利を見直すものです。 長期固定金利の安心感がある『フラット35』と共に、低金利の機構財形住宅融資の良い点も受け取れる事になります。 この事から、融資を受ける上では...



TOPPAGE  TOP